無料ブログはココログ

« 恐怖の教会(2018年、サンマリノ) | トップページ | 『能「鷹姫」 狂言「楢山節考」 狂言劇場』世田谷パブリックシアター »

『かわさきアートニュース Vol.263 2018年5月号』公益財団法人 川崎市文化財団

 川崎市アートセンター(神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-1)ではジャンヌ・モロー追悼特集と題して、ジャンヌ・モロー主演映画「危険な関係」「天使の入江」「死刑台のエレベーター」を上映とのこと(P15, いずれも5月)。
 ジャンヌ・モローといえば最近どこかで…ああ、そうそう、「オーソン・ウェルズのフォルスタッフ」で主人公フォルスタッフの恋人の娼婦役で出演しているのを観ましたよ。

かわさきアートニュース Vol.263 2018年5月号

« 恐怖の教会(2018年、サンマリノ) | トップページ | 『能「鷹姫」 狂言「楢山節考」 狂言劇場』世田谷パブリックシアター »

書評(映画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 恐怖の教会(2018年、サンマリノ) | トップページ | 『能「鷹姫」 狂言「楢山節考」 狂言劇場』世田谷パブリックシアター »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31