無料ブログはココログ

« 苫米地英人『カジノは日本を救うのか?』サイゾー | トップページ | 『TOKYO TREND RANKING 2018 6』東京地下鉄株式会社 株式会社ぐるなび »

人生のお荷物(1935年、日本)

 この映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/CBbOR_9yDo8

監督:五所平之助
出演:斎藤達雄、吉川満子、葉山正雄、坪内美子、田中絹代、水島光代
原作:伏見晁
備考:小市民コメディ

あらすじ…サラリーマンの福島省三は3人の娘が嫁いで一安心、と思いきや、家にはまだ小学生の息子がいた。

「人生のお荷物」人物関係図

 タイトルの「人生のお荷物」とは子供たちのことで、「お荷物」が片付いたと思ったらまだいた…という父親の嘆息が出てきます。もっとも、息子の方はたまったものではありませんが。
 それから、登場人物は全員小市民です。しかも、出てくるコメディのネタはどれも大笑いするようなものではなく、どちらかというとほのぼの系。だとすると、これは戦前の「サザエさん」みたいなもの、といったところでしょうか。

« 苫米地英人『カジノは日本を救うのか?』サイゾー | トップページ | 『TOKYO TREND RANKING 2018 6』東京地下鉄株式会社 株式会社ぐるなび »

1930年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/74548411

この記事へのトラックバック一覧です: 人生のお荷物(1935年、日本):

« 苫米地英人『カジノは日本を救うのか?』サイゾー | トップページ | 『TOKYO TREND RANKING 2018 6』東京地下鉄株式会社 株式会社ぐるなび »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30