無料ブログはココログ

« 『alluxe June Edition 2018.5.20 vol.143』株式会社アリュクス | トップページ | 『大多摩四季報 2018 SUMMER No.177』一般社団法人 大多摩観光連盟 »

桃太郎侍(1957年、日本)

監督:三隅研次
出演:市川雷蔵、浦路洋子、河津清三郎、木暮実千代、堺駿二、杉山昌三九
英題:Freelance Samurai
備考:時代劇

あらすじ…桃太郎侍が若木家10万石のお家騒動に巻き込まれる。

 市川雷蔵は桃太郎と若殿の一人二役を演じています。物語の比較的早い段階で明らかにされるので言ってもネタバレにならないと思いますが、この両者は双子という設定です。一応、若殿を演じる時は裏声を使っているから演じ分けはできている…ってことでしょうかね。

 さて、この映画は三隅研次監督作品ということで、殺陣に力が入っています。特に、クライマックスの桃太郎と伊賀半九郎との一騎討ちにそれが見て取れます。その中でも例えば、石段での二人の取っ組み合いで両者の手がブルブル震えるところとかが生々しくて面白い。

【関連記事】
市川雷蔵(目次)

« 『alluxe June Edition 2018.5.20 vol.143』株式会社アリュクス | トップページ | 『大多摩四季報 2018 SUMMER No.177』一般社団法人 大多摩観光連盟 »

1950年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桃太郎侍(1957年、日本):

« 『alluxe June Edition 2018.5.20 vol.143』株式会社アリュクス | トップページ | 『大多摩四季報 2018 SUMMER No.177』一般社団法人 大多摩観光連盟 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31