無料ブログはココログ

« 『かわさきアートニュース Vol.263 2018年5月号』公益財団法人 川崎市文化財団 | トップページ | ハロウィン:トリック・オア・トリート(2018年、アメリカ) »

『能「鷹姫」 狂言「楢山節考」 狂言劇場』世田谷パブリックシアター

 「楢山節考」は原作が深沢七郎の小説で、私はこれを読んだ記憶があります。その点から言わせて貰うと、これは狂言でやるようなコミカルな作品ではないはずだが…。
 一方の「鷹姫」は、本パンフレットによると原作はアイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの劇作品「鷹の井戸」で、野村萬斎が若き王子・空賦麟(くうふりん)を演じるとのこと。空賦麟とは奇妙な名前ですが、アイルランド神話の英雄クーフリンのことだと思い至りました。

能「鷹姫」 狂言「楢山節考」 狂言劇場

« 『かわさきアートニュース Vol.263 2018年5月号』公益財団法人 川崎市文化財団 | トップページ | ハロウィン:トリック・オア・トリート(2018年、アメリカ) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『かわさきアートニュース Vol.263 2018年5月号』公益財団法人 川崎市文化財団 | トップページ | ハロウィン:トリック・オア・トリート(2018年、アメリカ) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31