無料ブログはココログ

« DJ鉄ぶら編集部編『まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識』交通新聞社 | トップページ | 苫米地英人『カジノは日本を救うのか?』サイゾー »

ホワイト・ゾンビ(1932年、アメリカ)

 この映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/vd88ogGoBmk

 こちらでも観られます。
https://youtu.be/lQ0hL4EBC58
https://youtu.be/S6GmZqLuG0s

監督:ヴィクター・ハルペリン
出演:ベラ・ルゴシ、マッジ・ベラミー、ジョン・ハロン、ロバート・フレイザー、ジョセフ・カーソン
原題:White Zombie
備考:ホラー、ゾンビ映画

あらすじ…新婚のパーカー夫妻は大地主のボーマンの招きに応じてハイチを訪れる。だが、ボーマンはパーカー夫人(マデリーン)に横恋慕していて、ブードゥーの白人司祭ルジャンドルにマデリーンの誘拐を依頼する。ルジャンドルは数多くのゾンビを操るゾンビマスターだった!

 初期のゾンビ映画。ここでのゾンビは凶悪なモンスターというよりも、ゾンビマスターの操り人形のような、生きる屍として描かれています。まあ、こういうのも怖いと言えば怖い。
 又、序盤でゾンビをチラリと登場させて、地元民の馭者にゾンビとは何かを説明させています。この頃はゾンビの知名度が低かったから、こういうくだりも欠かせません。

 尚、本作の公開当時の邦題は「恐怖城」といいますが、ゾンビが人口に膾炙した現在ではどうもしっくり来ない。というわけで、当記事では別のタイトル「ホワイト・ゾンビ」を用いました。
 一応、物語の後半では城とおぼしきものが登場します。ただし、その外観はどう見ても書き割ですし、城という割には警備がガバガバなのですが…。

« DJ鉄ぶら編集部編『まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識』交通新聞社 | トップページ | 苫米地英人『カジノは日本を救うのか?』サイゾー »

1930年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・ゾンビ(1932年、アメリカ):

« DJ鉄ぶら編集部編『まるまる山手線めぐり 意外な歴史とオモシロ知識』交通新聞社 | トップページ | 苫米地英人『カジノは日本を救うのか?』サイゾー »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30