無料ブログはココログ

« トランプはモラーをクビにできるのか?(2018年、アメリカ) | トップページ | KKKがトランプの大統領当選を祝ってパレード(2016年、アメリカ) »

山本周五郎「ひとごろし」

あらすじ…お抱え武芸者の仁藤昂軒が小姓の加納平兵衛を斬って逐電する。臆病者の双子六兵衛が昂軒を上意討ちすることになるが、まともに戦ったのでは決して勝てない。そこで六兵衛が取った手段は…。

 松田優作主演の映画「ひとごろし」の原作小説。その映画では仁藤昂軒と加納平兵衛の殺陣が描かれていましたが、こちらの小説ではあっさりとした記述で済ませていて詳しい経緯は不明。映画化に際しては演出の一環として殺陣を盛り込んだのでしょう。

 それにしても、双子六兵衛の「弱者の戦い方」は痛快ですな。ここまで徹底していると、かえって清々しい。それから、六兵衛が仕掛けているのが「心理戦」だと考えるならば、六兵衛もなかなかの策士だと言えます。

【参考文献】
山本周五郎『ひとごろし』新潮社

« トランプはモラーをクビにできるのか?(2018年、アメリカ) | トップページ | KKKがトランプの大統領当選を祝ってパレード(2016年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/73786241

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「ひとごろし」:

« トランプはモラーをクビにできるのか?(2018年、アメリカ) | トップページ | KKKがトランプの大統領当選を祝ってパレード(2016年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30