無料ブログはココログ

« 恥もしくは憤慨(2018年、デンマーク) | トップページ | イタリア旅行―ガルダ湖(2017年、イギリス) »

右田早希『AIIB不参加の代償』KKベストセラーズ

 本書の主張を簡単にまとめると、大体以下の通り。
「日本がAIIB(アジアインフラ投資銀行)に参加しなかったのは誤りで、日本は国際的に孤立してしまうぞー!!!」
 上記のカギカッコ文は私が噛み砕いて書いたものですが、本書の文章を引用すると以下の通り。

 日本外交は、1930年代に引き続いて、「孤立への道」を選択してしまったのである。(中略)だが今回の孤立は、ただの「老人国家の引きこもり」である。(P171)

 AIIBに参加しなかっただけで孤立と表現するのも妙な話だし(日本が参加している国際的な枠組なら他にいくらでもある)、こんなことで引きこもり認定されてはたまったものではない。
 とはいえ、本書にも有用性はあります。例えばアジア諸国の経済閣僚や中国官僚へのインタビューが載っていて、それはそれで参考になる。又、AIIB設立の経緯も書いてあるので、詳しく知らない人にはこれまた有用です。

【参考文献】
右田早希『AIIB不参加の代償』KKベストセラーズ

« 恥もしくは憤慨(2018年、デンマーク) | トップページ | イタリア旅行―ガルダ湖(2017年、イギリス) »

書評(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/73752197

この記事へのトラックバック一覧です: 右田早希『AIIB不参加の代償』KKベストセラーズ:

« 恥もしくは憤慨(2018年、デンマーク) | トップページ | イタリア旅行―ガルダ湖(2017年、イギリス) »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30