無料ブログはココログ

« みなとタバコルール「港区は、思いやりタバコ。」3か国語編(2017年、日本) | トップページ | 愛宕神社 東京都港区(2013年、日本) »

梶井基次郎「闇の絵巻」

あらすじ…山間の療養地。暗い夜道を歩く。

 山間の療養地は知りませんが、山間の旅館ならば泊まったことがあります。本作を読んでそのことを思い出しました。あれはどこだったかな…いや、まあ、どこでもいいか。

 しばらく行くと橋がある。その上に立って渓の上流の方を眺めると、黒ぐろとした山が空の正面に立塞がっていた。(P125)

 橋の上ではないが、私もこういう山に気圧(けお)されたことがありますわ。対峙と呼ぶには彼我の差が圧倒的に違う。夜だと余計なものが見えないから、より一層それが感じられるのです。

【参考文献】
紅野敏郎・紅野謙介・千葉俊二・宗像和重・山田俊治・編『日本近代短篇小説選 昭和篇I』岩波書店

« みなとタバコルール「港区は、思いやりタバコ。」3か国語編(2017年、日本) | トップページ | 愛宕神社 東京都港区(2013年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/73664207

この記事へのトラックバック一覧です: 梶井基次郎「闇の絵巻」:

« みなとタバコルール「港区は、思いやりタバコ。」3か国語編(2017年、日本) | トップページ | 愛宕神社 東京都港区(2013年、日本) »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30