無料ブログはココログ

« 『POKKA POKA! PRESS 2018 1.Jan 2.Feb』ライフ | トップページ | 『馬術 Equestrian in SETAGAYA ~東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会~』世田谷区 »

ドキュメンタリー:トランプの2000の嘘(2018年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/qQruDaf7bKs

出演:ジミー・キンメル、ドナルド・トランプ、ジェイコブ・ミルドン、ジェフリー・ラスク
原題:Trump's 2,000 Lies - A Documentary
備考:コメディ

あらすじ…トランプ大統領の嘘についてのミニドキュメンタリーをどうぞ。

 まずは訳文をどうぞ。

【拙訳】
ジミー「ところで昨日、大統領は偉大な記録を達成しました。私はこれが十分に注目されているとは感じていません。『ワシントン・ポスト』紙によると、昨日ですが、トランプは就任以来2000の嘘を付きました」
ジミー「2000の嘘おめでとう、みなさん」
ジミー「11か月で2000の嘘です。一日当たり5.6回。これは彼が一日2.6時間しか働いていないという事実を考慮すると印象的です。彼は嘘をついていた間ずっと、自分を信じてくれるよう懇願しています」
トランプ「始まったばかりだ。私を信じてくれ」
トランプ「私を信じてくれ」
トランプ「私を信じてくれ」
トランプ「私を信じてくれ」
(※1)
ジミー「エイブラハム・リンカーンは『私を信じてくれ』って言ってたと思う? 私を信じてくれ、彼(リンカーン)は言ってない」
ジミー「彼(トランプ)のオレンジ色の口から出てくるフィクションの量は驚異的です。これは厚かましいもので、私は殆ど手助けできないが、感嘆はします。調べてみましたが、2000の嘘は前例のない業績です。今夜、私たちがこの驚くべき虚偽の表現の瞬間に何を為すべきかを示してくれるミニドキュメンタリーで、彼の多くのごまかしをを振り返ってみましょう」

ジェイコブ・ミルドン教授(ブラウン大学認識論学科)「疑いもなく言えるのは、これは嘘の歴史において偉大な功績だということです」
トランプ「正直に言うと、私は混乱を継承しました。混乱です」
ジェフリー・ラスク(ワシントン・ポスト紙ファクトチェック局)「彼は単純に×××の赤ん坊です」
トランプ「オバマケアはほんのわずかの人しかカバーしない」
ミルドン「ドナルド・トランプは正直者リンカーン
(※2)みたいに見えるように策を弄する(※3)
トランプ「プーチンに会ったことはないし、プーチンが誰かなんて知らない。彼は私について一ついいことを言ってくれました。私が天才だと言ったのです
(※4)
ラスク「彼は常に偉大な嘘つきだ」
ナレーション「Cスパン提供、真っ赤なウソ
(※5)―2000の嘘への道」
トランプ「私、ドナルド・トランプは厳粛に誓います…」
ナレーション「2017年1月20日、ドナルド・トランプは聖書に手を置き、2000の嘘への旅路を辿り始めました」
(嘘4番)トランプ「神は見下ろして言いました、雨は降らせないよと
(※6)
ミルドン「トランプはしょっぱなからやらかしました。彼は雨、観衆
(※7)、『タイム』誌の表紙(※8)、自分の勝利の行進について嘘をついたのです」
(嘘12番)トランプ「ロナルド・レーガン以来最大の選挙人を得ての勝利だったと思います
(※9)
ミルドン「1週間目ですよ。このペースじゃ彼はもたないと言いましたわ」
ナレーション「しかしトランプはスタートしました。3月まで彼は他の大統領が2期(8年)の間につく4倍の嘘を積み重ねました」
(嘘519番)トランプ「昨夜スウェーデンで何が起こったのか見てみろよ
(※10)。スウェーデン!」
ラスク「スウェーデン。これは古典的。トランプだけがつける嘘だ」
(嘘636番)トランプ「ほら、私はキューバ系アメリカ人の84%の票を獲得した
(※11)
ラスク「とても多くの偉大な嘘。つまり、オバマの盗聴とか?
(※12)
(嘘768番)トランプ「君は監視で何が起こったのかわかっていた」
ジョン・ディッカーソン
(※13)「あなたは彼を非難する立場に立っていたのでは?」
トランプ「私はどの立場にも立っていない。私はただ―君の好きに取ればいいだろ」
ミルドン「彼は嘘をつくことについてさえも嘘をついています」
(嘘859番)トランプ「私が思い付いた言葉のうち最大のものはフェイク(偽物)だと思う。他の人たちがおそらく何年も使っていると思うが、私はそれに気付かなかった」
ミルドン「それからツイッターがあります。流れが変わる
(※14)
ナレーション「ツイッターでは過去750回の嘘が判明しています。(そして)ついに就任初年の8月に1000番目の嘘を叩き出します」
(嘘1228番)トランプ「我々はより多くの法案に署名しました。そして私はハリー・トルーマン大統領よりも多く議会について話しています」
ミルドン「彼の政治的な数字はチャートから外れています。これは知られていない。その時点で彼は大丈夫だと知っていたと思います。しかし彼はそれをやめなかった。何かあれば、彼は賭け金を倍にした」
(嘘1946番)トランプ「彼はホワイトハウスで私と3時間インタビューしました。それは存在しなかった。OK。彼の想像だよ
(※15)
ナレーション「長い、困難な道のりの後、トランプは不可能を達成しました。任期中に2000の嘘をついたのです」
(2018年1月9日)トランプ「我々は1年で(メキシコ国境に)壁を建設できるし、彼らが話しているよりもはるかに少ない金額で建設できる」
群衆「USA! USA! USA!」
ラスク「何かと比較できるでしょうかね? 2008年のマイケル・フェルプス? ロジャー・バニスターの4ミニッツ・マイル? 若いタイガー・ウッズ?
(※16) 理解できない」
ミルドン「彼にはまだ(任期が)3年もあるんですよ。あるいは(2期務めるなら)7年かも。もしくは6ヶ月。誰にわかるってんだ?」
ナレーション「トランプ大統領の奇跡的な嘘の一里塚は、時の試練に耐えられるようだ
(※17)
トランプ「ビンビンビン! ビンビンビンビンビン!」
ナレーション「たとえそれが未来の大統領に影響するとしても、偽の歴史書における彼の立場は、彼の恥の全面的な欠落、×××に対する無限の能力、彼の真っ赤な嘘のおかげで永遠に隔離される」
トランプ「アメリカンドリームは死んだ」
(これは本当!)
ジミー「大統領、ありがとうございます。それではまた」

※1.合計30回以上「私を信じてくれ」と言っている。
※2.原文は"honest Abe"。エイブラハム・リンカーン大統領のこと。
※3.原文は"tricky Dick"。リチャード・ニクソン元大統領のことで、策略家ディックという意味。ここでは意訳した。
※4.じゃあ知ってるんじゃないか。というよりそもそも、この時点でもし本当にプーチンを知らないのだとしたら、国際情勢に疎すぎるぞ。
※5.原文は"PANTS ON FIRE"。英語で嘘つきを罵って言う"Liar, liar, pants on fire"から来ている。
※6.実際には雨は降り始めた。
※7.トランプ大統領の就任式(1月20日)の観衆はスカスカだったのだが、トランプはこれを否定。
※8.トランプは『タイム』誌の「今年の人」を辞退したとツイートしたが、『タイム』誌は否定。
※9.オバマは2008年大統領選挙で選挙人365票を獲得し、2012年では332票。一方、2016年大統領選挙でトランプは304票を獲得。ソースはwiki。
※10.2017年2月18日、トランプは昨夜スウェーデンでテロがあったと言ったが、テロ事件はその当日に起きていなかった。
※11.各種世論調査ではキューバ系アメリカ人のトランプ支持は彼の発言よりかなり低いそうな。
※12.大統領選挙中、トランプはトランプタワーの電話をオバマ政権に盗聴されていると主張していた。
※13.CBSの記者。
※14.原文は"game changer"。試合の形勢を逆転させる選手のことで、ここでは比喩的な意味で用いられている。ここは意訳した。
※15.マイケル・ウォルフの著書『炎と怒り(Fire and Fury)』についてのコメント。
※16.いずれもスポーツネタらしいことはわかるが、詳細は不明。
※17.つまりこれ以上の嘘つきは出てこないだろうということ。

 翻訳していて、途中から嫌になってきましたよ。こいつの嘘にここまで付き合わなければならないなんてウンザリですわ。

 それから、映像の中でトランプは何度も"Believe me(私を信じてくれ)"と言っています。これはつまり、自分の言葉が周囲から信じられていないということです。少なくとも本人はそう認識しているのでしょう。
 『老子』に曰く、大道廃れて仁義あり、と。あるいは日本人ならば、鳩山由紀夫首相(当時)の"Trust me(私を信頼してくれ)"を想起するかもしれません。

ドナルド・トランプ

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 『POKKA POKA! PRESS 2018 1.Jan 2.Feb』ライフ | トップページ | 『馬術 Equestrian in SETAGAYA ~東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会~』世田谷区 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/73453128

この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメンタリー:トランプの2000の嘘(2018年、アメリカ):

« 『POKKA POKA! PRESS 2018 1.Jan 2.Feb』ライフ | トップページ | 『馬術 Equestrian in SETAGAYA ~東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会~』世田谷区 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31