無料ブログはココログ

« 辺真一『大統領を殺す国 韓国』角川書店 | トップページ | 『TSUTAYA NEW RELEASE 3 2018 vol.7』TSUTAYA »

学校の先生に銃の準備はできるのか?(2018年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/tP0nlERvaQQ

原題:Meet The School Teacher Ready For Her Gun
備考:コメディ

 2018年2月14日、フロリダ州パークランド(Parkland)の高校で銃乱射事件が発生しました。
 これに対しトランプ大統領は、教職員に銃で武装させるべきだと述べたという。おいおい、そういう問題じゃねえだろとツッコミを入れたくなりますが、ここはひとまずこらえて、訳文をどうぞ。

【拙訳】
アナウンサー「トランプ大統領は赤い州(※1)の職員と会い、暴力問題について話し合いました。彼は教師に武装するよう呼びかけました」
ナレーション「それでは学校の先生からの反応をどうぞ」
先生「トランプ大統領やその他の人たちは、私たちができる最も安全なことは、私たちが武装することだと示唆しました。これに対して、私は言いたい…これはすごいアイディアだと。拳銃を持ち運ぶ
(※2)のが楽しみだわ(※3)
先生「さあ、古代アステカの授業の途中だと想像してみて下さい。そして思ってもみないことが起こった。どうなるでしょうか? 最初に、私は椅子から飛び上がります
(※4)
ナレーション「以上、学校の先生からの反応でした」

※1.共和党の支持が大きい州。
※2.原語は"packing heat"。
※3.もちろん皮肉である。
※4.そう言いつつもゆっくり立ち上がっている。

 この先生に「武器を持って犯人に立ち向かえ」なんて私は到底言えません。トランプの提案はそれだけ無茶振りなんだと、この作品では言っているわけですな。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 辺真一『大統領を殺す国 韓国』角川書店 | トップページ | 『TSUTAYA NEW RELEASE 3 2018 vol.7』TSUTAYA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/73539176

この記事へのトラックバック一覧です: 学校の先生に銃の準備はできるのか?(2018年、アメリカ):

« 辺真一『大統領を殺す国 韓国』角川書店 | トップページ | 『TSUTAYA NEW RELEASE 3 2018 vol.7』TSUTAYA »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31