無料ブログはココログ

« 『SALUS 3 Mar 2018 vol.204』東京急行電鉄株式会社 | トップページ | きゃりーぱみゅぱみゅ『もしもし★TOKYO きゃりーぱみゅぱみゅの東京Kawaiiガイドツアー』スペースシャワーブックス »

ドナルド・トランプ・ジュニアはニューヨークを再び偉大にしたい(2017年、アメリカ)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/QE5qJ6Xw4FI

出演:スティーブン・コルベア
原題:Donald Trump Jr. Wants To Make New York Great Again
備考:スタンダップコメディ

 タイトルは彼の父親が掲げたスローガン"Make America Great Again(アメリカを再び偉大に)"をもじったものです。
 尚、これについて話しているのは最初の部分だけで、あとは別の話題に切り替わっています。それらをわかりやすく章立てにすると以下の通り。

(1)ドナルド・トランプ・ジュニアがニューヨーク州知事選に出馬意欲
(2)エリック・トランプが父親の縁故主義を擁護
(3)副大統領のシークレット・サービスが売春婦を帯同
(4)トランプの選挙を手伝っていた男が不倫出会い系サイトに登録
(5)キャドバリー社がエッグハントのイベントから「イースター」の文字を外す

 訳文を掲載する際にはわかりやすく表示するため、各章ごとに分けるという形を取りました。尚、翻訳は終盤で力尽きたので、(5)の途中までとさせていただきます。

【拙訳】
コルベア「レイトショーへようこそ。司会のスティーブン・コルベアです」
ジョン「金曜日の観衆だ」
コルベア「そうだね。嘘じゃない」

 

(1)ドナルド・トランプ・ジュニアがニューヨーク州知事選に出馬意欲
コルベア「さて、金曜日です。今週起こったことについて話しましょう。今、ここに一つのことがあります―私たちはこのショーでドナルド・トランプについて多く語りますが―しかしこの金曜日、ちょっと休憩してドナルド・トランプ・ジュニアについて話しましょう。その(悪党的な)魅力は何でしょうか? 彼は新しい技術を発明しているのでしょうか、あるいは新たに絶滅の危機に瀕している種について空想しながら木の切り株に座っているのでしょうか? 誰にわかる? いいえ、『ページ6』
(※1)によると、ドナルド・トランプ・ジュニアはニューヨーク州知事への立候補について考えているそうです」
観客「ブー!」
コルベア「いいですか、それは不合理で、そんなことは決して起こらないでしょう。今、私たちはねじ込まれている~♪」
コルベア「小さいトランプ(ジュニアのこと)はロングアイランド
(※2)で銃クラブと対話した時、知事になることに興味を示しながらこう言いました。『ニューヨーク市長の地位は自分にはあまり面白くないだろう』 おいおい、マジかよ? 自分にはあまり面白くない? あなたのお父さんがここで90ポイント失っていることを考えて下さい、それは8年生(※3)の少年が『スカーレット・ヨハンソン、今は僕にとって興味深いことじゃない』と言ってるようなものです」

 

(2)エリック・トランプが父親の縁故主義を擁護
コルベア「しかしドナルド・ジュニアが知事になるまで、彼は父親の商売をやっていかないといけない。しかも、彼の弟にして滑舌の悪い1980年代映画の腰巾着エリック・トランプと一緒に!」
コルベア「最近のインタビューで、エリック・トランプは父親の傾向を彼自身の子孫に至るまで擁護してこう言いました。『縁故主義は人生の要因の一種である』と。エリック、金持ちになるには家族のコネが必要なんだってね。『縁故主義がなかったら僕たちはここにいなかっただろうけど、僕たちは縁故主義のおかげでここにいる。ほら、もし僕たちがうまくやらなかったら、もし僕たちが有能じゃなかったら、信じてくれ、僕たちはこの地位にいないだろう…』 彼は自分が3塁
(※4)に産まれたことに充分気付いていますし、彼は外野にさまよい出ないほどの有能さがあります(皮肉)」

 

(3)副大統領のシークレット・サービスが売春婦を帯同
コルベア「ああ、ここに新しい―彼が誰かさんの可愛い少年だ。もう降参しなきゃ。ああ、揺れるワシントンに新たなスキャンダルだ! 私たちは最近、マイク・ペンスを守るシークレット・サービスのエージェントがメリーランドのホテルで売春婦を帯同したとして停職になったと習いました。報道によると副大統領は誰かから売春婦が誰か説明されるやいなや、そのエージェントに激怒したそうです。その女性はあなた(副大統領)の妻がいない時にあなたとディナーを共にする予定だったのです。もしあなたがディナーの料金を支払ったら…彼女は売春婦です。聖書に書いてありますよ。レビ記やそれに類するものには書いてあります」

 

(4)トランプの選挙を手伝っていた男が不倫出会い系サイトに登録
コルベア「それからそのシークレットサービスの人は、(ワシントン)DCでセクシータイムを好むただ一人の人間ではないことが判明しました。というのは、私たちはトランプの新しい雇用者を見つけたのです。ルイジアナの共和党員でパットン・オズワルト
(※5)のコスプレイヤー、ジェイソン・ドー。トランプのために働いていたこの人は、アシュレイ・マディソン(※6)のハッキングで浮上しました。アシュレイ・マディソンが何か知らない人がいたら、まずはおめでとう。あなたの結婚は強固だ。なぜならそれは既婚者の出会い系サイトで、そのスローガンは『人生は短い、情事をしましょ』だから。そうだね、情事はみんなの死ぬまでにしたいことリストに入ってる。おまけにクラミジア付きで」
コルベア「さて、ドー氏は言い訳をしています。多くの夫たちのように、彼は自分が2015年にアシュレイ・マディソンに登録していたのは『野外調査』のためだけだと主張したのです。それが調査だって、ハニー? 女の子たちがなぜ野性的になるのか調べるためにビデオを注文しただけだって? 心配になっちゃうよ」

 

(5)キャドバリー社がエッグハントのイベントから「イースター」の文字を外す
コルベア「復活祭がもうすぐだって? 復活祭にはどこにいるつもりだい、ジョン? ニューオリンズに行くつもり?」
ジョン「はい」
コルベア「僕はノースカロライナにいるよ。復活祭がもうすぐやってきます。復活祭はとても有名です。海の向こうイギリスでは今、人々が動揺しています。イースターエッグを作るキャドバリー社
(※7)が、エッグハント(のイベント)から『イースター』の文字を外し、代わりに『キャドバリーの英国のエッグハント』と名付けたのです」
(以下略)

※1.俗語でゴシップ記事のこと。
※2.ニューヨーク州南東部に位置する島。
※3.日本の中学2年生に相当。
※4.3番目の子供。
※5.コメディアン。
※6.不倫の出会い系サイト。2015年にハッキングされ、登録者がバラされた。
※7.イギリスのお菓子メーカー。

 まずは(1)について少々。そもそもニューヨークは民主党が強いところで、トランプ大統領の人気は低い。そんなところでジュニアが出馬しても、父親の不人気の波をモロにかぶってしまうでしょう。もちろん日本のマック赤坂やドクター・中松のように落選覚悟で出ることも可能ではある。
 次に(2)について。コルベアがエリックのセリフをしゃべるくだりは、明らかにウスラバカ風です。エリックが実際にウスラバカか否か、エリックの言動をチェックして調べてみたくなりました。
 それから(3)ですが、賢明な人物ならば、ディナーを共にするだけでは済まないと感付くはずです。売春婦とディナーを共にしたら次は…後はわかるかな? 要するにこのエージェントはペンス副大統領にオンナをあてがおうとしてたってことです。
 あと、(4)はコメントする気になれないし、(5)は宗教的な問題があって語り出すと長くなるので割愛します。

【関連記事】
ドナルド・トランプ(目次)

« 『SALUS 3 Mar 2018 vol.204』東京急行電鉄株式会社 | トップページ | きゃりーぱみゅぱみゅ『もしもし★TOKYO きゃりーぱみゅぱみゅの東京Kawaiiガイドツアー』スペースシャワーブックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/73539160

この記事へのトラックバック一覧です: ドナルド・トランプ・ジュニアはニューヨークを再び偉大にしたい(2017年、アメリカ):

« 『SALUS 3 Mar 2018 vol.204』東京急行電鉄株式会社 | トップページ | きゃりーぱみゅぱみゅ『もしもし★TOKYO きゃりーぱみゅぱみゅの東京Kawaiiガイドツアー』スペースシャワーブックス »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31