無料ブログはココログ

« 『VALUE PLUS 12 December 2017 vol.171』株式会社 八社会 | トップページ | 『Bunkamura magazine No.152――2017 DECEMBER 12』Bunkamura »

11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち(2012年、日本)

監督:若松孝二
出演:井浦新、満島真之介、寺島しのぶ
英題:11:25 The Day He Chose His Own Fate
備考:歴史劇

あらすじ…三島由紀夫とその仲間たちが三島事件を起こす。

 民兵組織「楯の会」の隊長・三島由紀夫と第二代学生長・森田必勝を軸に三島事件を描いたもの。
 三島由紀夫といえば、私には筋肉ムキムキの同性愛者というイメージがありますが、この映画で同性愛描写はありません。ホモホモしい要素があるとすれば、サウナのシーンくらいでしょうか。

 それはさておき、中盤以降で三島と森田が「事件」へ向けて狂気を孕ませてゆくくだりは印象的です。これだけのことをやらかすには、それだけの狂気があって然るべきかと思います。

 最後に一つ。
 当ブログでは三島由紀夫作品を幾つかレビューしております。下記にリンクを貼っておきますので参考までにどうぞ。

【三島由紀夫関連記事】
三島由紀夫「葵上」
三島由紀夫「綾の鼓」
三島由紀夫『仮面の告白』新潮社(1)
三島由紀夫『仮面の告白』新潮社(2)
三島由紀夫『仮面の告白』新潮社(3)
三島由紀夫『仮面の告白』新潮社(4)
三島由紀夫「邯鄲」
三島由紀夫『サド侯爵夫人・わが友ヒットラー』新潮社
三島由紀夫「卒塔婆小町」
三島由紀夫「道成寺」
三島由紀夫「仲間」
三島由紀夫「班女」
三島由紀夫「復讐」
三島由紀夫「熊野(近)」
三島由紀夫「熊野(三)」
三島由紀夫「弱法師(よろぼし)」

« 『VALUE PLUS 12 December 2017 vol.171』株式会社 八社会 | トップページ | 『Bunkamura magazine No.152――2017 DECEMBER 12』Bunkamura »

2010年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72994300

この記事へのトラックバック一覧です: 11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち(2012年、日本):

« 『VALUE PLUS 12 December 2017 vol.171』株式会社 八社会 | トップページ | 『Bunkamura magazine No.152――2017 DECEMBER 12』Bunkamura »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31