無料ブログはココログ

« 『oedo LIVING 2018.1』都営交通局・サンケイリビング新聞社 | トップページ | 『HOW TO NEWoMan キル ミル タベル ノ アルキカタ』ニュウマン新宿 »

SHERLOCK(シャーロック)のパロディ(1)オクラホモ(2014年、ノルウェー)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/vPLsFTOpCRU

出演:ヴィダル・マグヌセン、ビャルト・ジョステイム
原題:Sherlock parody [1] - Oklahomo [HD]
備考:ホモセクシュアル

あらすじ…ジョンとシャーロックが事件の謎解きに挑む。

 ホモネタ注意。元ネタはBBCのドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」。
 これを作っているノルウェー放送協会はノルウェーの公共放送で、日本でいえばNHKに当たります。それがこんなホモホモしいのを作るとはたまげたなあ。
 それから、タイトルの「オクラホモ」ですが、都市伝説によるとアメリカのオクラホマ州から来たホモのことらしい。って、そのまんまじゃん!
 さて、訳文を載せておきます。ただ、細かいネタまではわからなかったので、それはそのままにしておきました(例:チーズケーキ)。あと、シャーロックはショートメールでド下ネタを連発していますが、これは入力の際に検索候補で卑猥な言葉をうっかり選択してしまったから。つまり彼は普段からそれだけ卑猥な言葉を入力しているということを示しています。

【拙訳】
マイクロフト:今いいか?
シャーロック:シコってる。
シャーロック「くそっ、グルートをやらなければ」
ジョン「シャーロック」
シャーロック「ワトスン、カーテンを信じるかい?」
ジョン「何?」
シャーロック「もし僕がミニチュアキャットのように踊っていたら、君は僕を殺すか、あるいはスウェーデン製のサンドイッチを与えるか?」
ジョン「何してるんだ?」
シャーロック「依頼人だ。彼女の顔を触って信用できるかどうか調べている。こいつを見てくれ。ああ、ゴメン。ええと…これじゃない。違う」
ジョン「再起動した方がいいんじゃないか」
シャーロック「再起動はチーズケーキだ。僕の頭の中を整理する間、彼女の顔を触っていてくれ」
ジョン「シャーロック、しゃべっていい?」
シャーロック「君が触っている女性のように話せ」
ジョン「殺人事件よ」
シャーロック「彼女がローカルな雑誌に書いて出版した殺人事件は後に小説になり、映像化され、テレビシリーズになった。だがそのシリーズは評判が悪い。なぜだワトスン?」
ジョン「わからないよ」
シャーロック「何を探すべきか知るにはジャンプすることだ」
ジョン「いいぞ」
(2人、ハモりながら外出)
シャーロック「違う違う、そうじゃない。僕のやるようにするんだ」
ジョン「君のように」
シャーロック「僕のように」
(現場到着)
シャーロック「ああ、死による殺人はいつも癒される」
モリアーティ:お前は私を見つけられないだろう。
シャーロック:マ○コ顔が好き。
ジョン「面白いものがあったか」
シャーロック「いい質問だ、チビ君。君は非常に短くて、君の体のアレの長さが僕を悲しませ、変な気にさせ、かなり理解する」
ジョン「そりゃどうも」
シャーロック「小さな足を示す靴。目の上の皺は彼が数十年スープを食べてきたことを示している。鼻の上の埃。青いシャツとネクタイ。指はシンセサイザーに触ったことがないことを示唆している。髪はまるでクリスマスだ」
ジョン「で、どう思う?」
シャーロック「君の中断は僕を幸せにする」
ジョン「いや、何を見ているんだ?」
シャーロック「明らかだよ」
ジョン「何?」
シャーロック「ホモだ。我々はハムライダーを見ていた。事件解決。家に帰って『ドクター・フィル』、僕の呼び方なら『ドクター・フィリップ』を観よう」
レストレード「失礼。どうやって事件を解決するんだ?」
シャーロック「事件の解決は人々がホモかそうでないかを僕が結論付けることだ。それが君のひねり出すことのできる僕の手助けだ」
レストレード「おい」
シャーロック「君は悪いクッキー☆だ。さらばメロン頭」
ジョン「(レストレードに)すまない」
シャーロック「君はホモだ。それに君も」
母:昼飯を食べに来ない?
シャーロック:オクラホモ
シャーロック「しまった!」

シャーロック「待った。ジャンピング・キスだ」

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

« 『oedo LIVING 2018.1』都営交通局・サンケイリビング新聞社 | トップページ | 『HOW TO NEWoMan キル ミル タベル ノ アルキカタ』ニュウマン新宿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72852176

この記事へのトラックバック一覧です: SHERLOCK(シャーロック)のパロディ(1)オクラホモ(2014年、ノルウェー):

« 『oedo LIVING 2018.1』都営交通局・サンケイリビング新聞社 | トップページ | 『HOW TO NEWoMan キル ミル タベル ノ アルキカタ』ニュウマン新宿 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31