無料ブログはココログ

« 『Venus Fort Cafe & Restaurant GUIDE』ヴィーナスフォート | トップページ | 『TARO Vol.60』川崎市岡本太郎美術館 »

シャーロック・ホームズの気分変動(2007年、イギリス)

 この動画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/nkp9pPuN2gQ

出演:ピーター・セラフィノウィッチ
原題:Sherlock Holmes's Mood Swings
備考:ホモセクシュアル

あらすじ…謎を解明したホームズは、興奮してワトスンに襲いかかる。

 ホモネタ注意。まあ、ホームズとワトスンは実はデキているって噂はありますからね。それがネタにされていてもおかしくはない。
 それから、この動画は「ピーター・セラフィノウィッチ・ショー」というイギリスのコメディ番組の1シーンらしい。
 尚、壁に掲げられている貴婦人の肖像はヴィクトリア女王。当時のイギリスの国家元首です。

 最後に、和訳を載せておきます。ワトスンが襲われている時のセリフの部分は字幕が表示されないので訳すのは省略しました。

【拙訳】
ホームズ「これだよ、ワトスン」
ワトスン「何だいホームズ」
ホームズ「これを見たまえ」
ワトスン「ミス・ブーツからの手紙だ。もう9回か10回は読んだよ。何を見ればいいんだい?」
ホームズ「初歩的だよワトスン。郵便の消印の日付だ」
ワトスン「6月14日とある」
ホームズ「殺人から一週間後」
ワトスン「それがどうした?」
ホームズ「まさにミス・コーテスは犯人ではありえない!」
ワトスン「素晴らしい演繹法だ! よくやったねホームズ!」
ホームズ「ありがとうワトスン」
ワトスン「どうしたしまして」
ホームズ「ありがとうワトスン」
ワトスン「どうしたしまして」
ホームズ「ありがとうワトスン」
ワトスン「どうしたしまして」
ホームズ「…」
ワトスン「アッー!」

ホームズ「わかってくれたまえ、ワトスン。私は謎を解決すると興奮するんだ」
ワトスン「人生でこんなの初めてだよ」
ホームズ「この話はもうやめよう。今は仕事だ。ワトスン、手紙をこちらへよこしてくれ」
ワトスン「これは単純だがホームズにとってはそうではない、と」
ホームズ「静かに! この文章は右に傾いている。この筆跡は間違いなく左利きで、この筆運びは淑女にははるかに大胆すぎる」
ワトスン「それはつまり…」
ホームズ「彼女の保護者、ノード・メルバだ」
ワトスン「何てことだ。殺人犯である必要はない!」
ホームズ「賢い」
ワトスン「すごい! 君はやったんだホームズ! 謎を解決したんだ! ハッハー」
ホームズ「…」
ワトスン「アッー!」

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

« 『Venus Fort Cafe & Restaurant GUIDE』ヴィーナスフォート | トップページ | 『TARO Vol.60』川崎市岡本太郎美術館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72852169

この記事へのトラックバック一覧です: シャーロック・ホームズの気分変動(2007年、イギリス):

« 『Venus Fort Cafe & Restaurant GUIDE』ヴィーナスフォート | トップページ | 『TARO Vol.60』川崎市岡本太郎美術館 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31