無料ブログはココログ

« 堀江宏樹・滝乃みわ『乙女の日本史 文学編』実業之日本社 | トップページ | 松岡和子訳『アテネのタイモン シェイクスピア全集29』筑摩書房 »

もしもジョーカーとハーレイ・クインが普通のカップルだったら:厄介なカーチェイス(2017年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/sNQ4altusEs

出演:アリッサ・デーヴィス、アンドリュー・マッカモン
原題:If HARLEY QUINN & JOKER Were a Normal Couple: Awkward Car Chase
備考:コメディ

あらすじ…ジョーカーとハーレイ・クインがドライブ中に車のガソリンがなくなりそうになってしまう。

 映画「スーサイド・スクワッド」で二人の乗る車にバットマンがやってくるシーンがありますが、そのシーンが元ネタです。つまり、画面には登場しませんが、車の上に乗っているのはバットマンです。
 それはさておき、この作品は2分半と短いです。翻訳する場合、短い方がありがたいのですが、一視聴者としてはボリューム不足の感は否めない。
 というわけで、訳しておきました。元ネタの「スーサイド・スクワッド」を観ていたので理解はしやすかったです。ただし、映画の字幕とは異なるのでご注意を。例えばハーレイ・クインがバットマンを「バッツィ」と呼ぶところはそのままにしてあります。

【拙訳】
ジョーカー「誰かいるぞ」
ハーレイ「わあ~バッツィバッツィバッツィ…」
ジョーカー「落ちた!」
ハーレイ「お見事、プリンちゃん!」

ハーレイ「…ない」
ジョーカー「ん?」
ハーレイ「ガソリンがもうない。ないったらない」
ジョーカー「大丈夫、もうすぐ家だから」
ハーレイ「大丈夫じゃないわよ。ガソリンがもうないの。今朝あなたが満タンにしてくれたと思ってたのに」
ジョーカー「今朝はそんな時間なかったんだ。いいか、俺はいろんなことしなきゃならないから忙しいんだ」
(ピコーン)
ジョーカー「もう一度点灯したら、ガス欠になるまで普通は22マイルだ。本当だよ。多くの車は22マイルなんだ」
ハーレイ「本当だとは思えない」
ジョーカー「本当だよ。俺は本当のことを言ってるんだ」
ハーレイ「5分以内にガソリンスタンドに行って満タンにした方がいいわ」
ジョーカー「ああ、そうだ。そうだな。その通りだ。ガソリンスタンドがないか見てくれ」
ハーレイ「ウォーターフロントに行くなら帰宅途中にBPがある」
ジョーカー「ああ、そうか。BPってどうなの? つまり、BPでいいのかなって。ほら、シェルとかモービルとか色々あるしさ」
ハーレイ「全部は知らない」
ジョーカー「わかった。でもBPはやめない? BPって感じがしないんだ。BPのことは忘れるべきだと思うんだよね」

ジョーカー「あと22マイル、車の話をしないと」
ハーレイ「うん」
ジョーカー「俺は数字を投げて…」
(ガシャン)
ハーレイ「おバカなコウモリ! 夜のデートなのに!」

【関連記事】
バットマン(目次)

« 堀江宏樹・滝乃みわ『乙女の日本史 文学編』実業之日本社 | トップページ | 松岡和子訳『アテネのタイモン シェイクスピア全集29』筑摩書房 »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72809710

この記事へのトラックバック一覧です: もしもジョーカーとハーレイ・クインが普通のカップルだったら:厄介なカーチェイス(2017年、アメリカ):

« 堀江宏樹・滝乃みわ『乙女の日本史 文学編』実業之日本社 | トップページ | 松岡和子訳『アテネのタイモン シェイクスピア全集29』筑摩書房 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31