無料ブログはココログ

« オリエント急行殺人事件~死の片道切符~(2001年、アメリカ) | トップページ | ある殺し屋(1967年、日本) »

火坂雅志「老将」

あらすじ…尾羽打ち枯らした老将・和久宗是(わくそうぜ)が奥州の伊達政宗のもとへ身を寄せる。政宗は宗是を二千石の高禄で召し抱え、小姓の桑折(さおり)小十郎に彼の世話を命じる。小十郎は不満だったが…。

 小十郎は宗是のことを全く知らなかったのですが、実は凄い人物だということが途中で明らかにされます。小十郎は物語開始時点では元服前の少年であり、和久宗是というマイナー武将を知らなくてもやむをえまい。
 いや、寧ろこれだけ若い(したがってそれだけ無知な)人物の視点から描くことで、宗是の凄さを浮かび上がらせる効果があるのかもしれません。

【参考文献】
司馬遼太郎 松本清張ほか『決戦! 大坂の陣』実業之日本社

« オリエント急行殺人事件~死の片道切符~(2001年、アメリカ) | トップページ | ある殺し屋(1967年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72925645

この記事へのトラックバック一覧です: 火坂雅志「老将」:

« オリエント急行殺人事件~死の片道切符~(2001年、アメリカ) | トップページ | ある殺し屋(1967年、日本) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31