無料ブログはココログ

« 殺人狂時代(1967年、日本) | トップページ | スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2016年、アメリカ) »

安部龍太郎「大坂落城」

あらすじ…徳川方の砲撃が大坂城の天守を直撃し、淀殿はパニックに陥って和議を訴える。息子の豊臣秀頼はたしなめるが、母に押し切られてしまう。

秀頼はどうしようもない無力感にとらわれ、気力が萎えていくのを感じた。(P351)

 私も本作を読んでいて、そんな感じに襲われました。とはいえ、そもそも秀頼はお坊ちゃん育ちで、「英雄」でも「勇将」でもない。彼にその種の期待をするのは…いや、まあ、大坂方の武将たちは期待してたんでしょうけどねえ。

【参考文献】
司馬遼太郎 松本清張ほか『決戦! 大坂の陣』実業之日本社

« 殺人狂時代(1967年、日本) | トップページ | スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2016年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72938698

この記事へのトラックバック一覧です: 安部龍太郎「大坂落城」:

« 殺人狂時代(1967年、日本) | トップページ | スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2016年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31