無料ブログはココログ

« トランプ家系図 | トップページ | 安部龍太郎「大坂落城」 »

殺人狂時代(1967年、日本)

監督:岡本喜八
出演:仲代達矢、団令子、砂塚秀夫、天本英世
原作:都筑道夫
備考:アクションコメディ

あらすじ…大学講師・桔梗信治のもとに、溝呂木博士の殺し屋たちが次々に襲いかかる!

 主人公の桔梗信治と行動を共にする人物に「大友ビル」という者がいます。大友ビル…これはオートモービル(自動車)をもじったものだな、多分。
 それから、この大友ビルが、自分は顔が広いと言った時に画面が彼の顔にズームして更に引きのばされます。顔が広いという比喩を映像で直接表現しています。
 次に、主人公について。彼は殺し屋たちを次から次へと返り討ちに。それはもう、「お前本当にただの大学講師か?」とツッコミを入れたくなるくらいの手際の良さです。ただ、心理学を教えているだけあって、心理分析は鋭い。

 最後に、どんでん返しの連続について。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、「実は○○は××だった」というのがたて続けに展開されます。しかしそれらも、どこからが本当でどこからが嘘かよくわからない。
 ここに至って観客は煙に巻かれてしまいます。

 ともあれ、この作品全体にユーモアがあふれているので、あまり難しいことは考えずに視聴した方がいいでしょう。

« トランプ家系図 | トップページ | 安部龍太郎「大坂落城」 »

1960年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72852368

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人狂時代(1967年、日本):

« トランプ家系図 | トップページ | 安部龍太郎「大坂落城」 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31