無料ブログはココログ

« クリスチアナ・ブランド『ジェゼベルの死』早川書房 | トップページ | 『TOKYO GUIDE MAP 歌舞伎町版 12月号 vol.17 December.2017』株式会社ガイドマップ »

名探偵登場(1976年、アメリカ)

監督:ロバート・ムーア
出演:トルーマン・カポーティ、ピーター・フォーク、デイヴィッド・ニーヴン、ピーター・セラーズ、ジェームズ・ココ、エルザ・ランチェスター、アレック・ギネス
原題:Murder by Death
備考:ミステリー、コメディ

あらすじ…謎の大富豪ライオネル・トウェインは自邸に5人の名探偵(とその助手)を集めて殺人事件を予告する。

「名探偵登場」登場人物一覧

 上記の登場人物一覧について少々説明を加えておくと、5人の探偵の下のカッコ内には元ネタとなったキャラクター名を記しておきました。又、登場人物の顔と名前を一挙に憶えるのは骨が折れるかもしれないと思ったので、名前の左に顔を載せておきます。

 さて、この探偵たちの中で元ネタを知っているのは、私の場合、ミス・マープルとエルキュール・ポアロだけですが、他の3人については別に知ってしなくても楽しめました。ちなみに、ポアロが…じゃなかった、ミロ・ペリエが先の尖った靴を履き、自分はフランス人じゃなくてベルギー人だとムキになるあたりはポアロそっくりです。
 それから、サム・ダイヤモンドを演じるのはピーター・フォーク。これってどこの刑事コロンボだ? いや、コロンボよりは多少は洗練されているか。
 又、ライオネル・トウェインを演じるトルーマン・カポーティは怪しさ満点。こいつはやばいぞというオーラがにじみ出ています。
 あと、盲目の執事を演じているアレック・ギネス。彼の名前はどこかで聞いたなと思ったら、オビ=ワン・ケノービの人でしたか。

 ともあれ、なかなか愉快な作品ですな。

【ミス・マープルの映画】
クリスタル殺人事件

【エルキュール・ポアロの映画】
オリエント急行殺人事件(1974年)
死海殺人事件

« クリスチアナ・ブランド『ジェゼベルの死』早川書房 | トップページ | 『TOKYO GUIDE MAP 歌舞伎町版 12月号 vol.17 December.2017』株式会社ガイドマップ »

1970年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72710708

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵登場(1976年、アメリカ):

« クリスチアナ・ブランド『ジェゼベルの死』早川書房 | トップページ | 『TOKYO GUIDE MAP 歌舞伎町版 12月号 vol.17 December.2017』株式会社ガイドマップ »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31