無料ブログはココログ

« マクベス第一幕第七場(2012年、イギリス) | トップページ | 『第27回 神保町ブックフェスティバル』 »

マクベス第一幕第七場(2008年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/JcI_xtsiUps

出演:デーヴィッド・メドーズ
原題:Macbeth - "If it were done when 'tis done"
原作:ウィリアム・シェイクスピア『マクベス』
備考:悲劇

あらすじ…マクベスは一人苦悩する。

 原題の"If it were done when 'tis done"はマクベス第一幕第七場の冒頭のマクベスのセリフ。この後続けて"then 'twere well. It were done quickly."と言い、日本語訳では「やってしまって、それで事が済むものなら、早くやってしまったほうがよい。」(福田恆存訳, P29)となります。何をやるのかというとダンカン王の暗殺です。もちろんそれで「事が済む」というものではなく、この後彼は夫人ともども地獄を見ることになるわけですが…。

 尚、この作品で描かれているのは第一幕第七場の最初の部分だけで、マクベス夫人が登場する直前に終わっています。独り語りではここまで。

【参考文献】
福田恆存訳『マクベス』新潮社

【関連記事】
シェイクスピア(目次)

« マクベス第一幕第七場(2012年、イギリス) | トップページ | 『第27回 神保町ブックフェスティバル』 »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72615888

この記事へのトラックバック一覧です: マクベス第一幕第七場(2008年、アメリカ):

« マクベス第一幕第七場(2012年、イギリス) | トップページ | 『第27回 神保町ブックフェスティバル』 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31