無料ブログはココログ

« 『TSUTAYA NEW RELEASE 10 2017 vol.2』TSUTAYA | トップページ | 町山智浩『さらば白人国家アメリカ』講談社 »

獄門島(1977年、日本)

監督:市川崑
出演:石坂浩二、司葉子、大原麗子、草笛光子
原作:横溝正史『獄門島』
備考:サスペンス

あらすじ…金田一耕助は瀬戸内海に浮かぶ獄門島にやってくる。そしてそこで凄惨な殺人事件が起こる!

「獄門島」人物関係図

 原作小説は数年前に読んだ記憶があるのですが、当ブログにてレビュー記事は書いていない模様。
 さて、原作小説では金田一耕助は友人の鬼頭千万太から直接頼まれて獄門島へ赴くのですが、この映画では両者の間に雨宮なる人物を介在させ、金田一は雨宮からの依頼を受けるという形を取っています。こうすることで金田一は友人として首を突っ込むのではなく、プロの探偵として来ていることになるわけです。そういえば最後に、金田一が探偵の経費として宿泊費を払うのもプロ意識のあらわれでしょうな。

 それから、本作では鬼頭嘉右衛門を演じる東野英治郎の存在感が大きかったように見受けられました。物語開始時点で嘉右衛門は既に鬼籍に入っており、回想シーンでしか出てこないから登場時間は短いのですが、それでもインパクトはあります。
 ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、鬼頭嘉右衛門は今回の事件の重要人物であり、彼の果たした役割を考えると、よっぽどアクの強い老人だったはず。だとすると東野英治郎はこの役にふさわしいのかもしれません。
 あと、鵜飼章三を演じるピーターも印象的でした。どこか妖しいけど軽薄。そんな雰囲気を出しています。

« 『TSUTAYA NEW RELEASE 10 2017 vol.2』TSUTAYA | トップページ | 町山智浩『さらば白人国家アメリカ』講談社 »

1970年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72355960

この記事へのトラックバック一覧です: 獄門島(1977年、日本):

« 『TSUTAYA NEW RELEASE 10 2017 vol.2』TSUTAYA | トップページ | 町山智浩『さらば白人国家アメリカ』講談社 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30