無料ブログはココログ

« トランプ大統領―アメリカ地獄の行進曲(2017年、アメリカ) | トップページ | 最恐の都市伝説トップ10(2013年、カナダ) »

三島由紀夫「熊野(近)」

あらすじ…大実業家の宗盛は、愛人の熊野(ゆや)を花見に連れて行こうとするが、熊野は行きたがらない。北海道の母が病気だというのだ。

 三島由紀夫はこの作品の他に同名の別作品を書いて『三田文学』に載せており、それと区別するためにこちらの『近代能楽集』の「熊野」には(近)を付け、『三田文学』所収の「熊野」には(三)を付けて表記します。
 さて、この「熊野(近)」では最後にどんでん返しが用意してあり、それを見ると宗盛が意外にしたたかで有能だったりします。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、このハッピーエンド(?)には釈然としないものが残りました。

【参考文献】
三島由紀夫『近代能楽集』新潮社

【関連記事】
三島由紀夫「熊野(三)」

« トランプ大統領―アメリカ地獄の行進曲(2017年、アメリカ) | トップページ | 最恐の都市伝説トップ10(2013年、カナダ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/72199536

この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫「熊野(近)」:

« トランプ大統領―アメリカ地獄の行進曲(2017年、アメリカ) | トップページ | 最恐の都市伝説トップ10(2013年、カナダ) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31