無料ブログはココログ

« サマリア(2016年、スペイン) | トップページ | ポケモンGO:狩る者と狩られる者(2016年、イギリス) »

三島由紀夫「葵上」

あらすじ…深夜の病院。若林光は入院している妻・葵を見舞う。とそこへ、光のかつての恋人・六条康子がやってくる。

 『源氏物語』に材を取った作品。とすると光源氏→若林光、葵上→葵、六条の御息所→六条康子ということになります。もちろんここに登場する六条康子は…おっと、これ以上はネタバレ防止のために伏せておきましょうかね。
 尚、この作品に登場する看護婦だけはモデルが見当たりませんが、これは前半のガイド役といったところで、光たちのドロドロの愛憎劇に加わることなく退場します。

【参考文献】
三島由紀夫『近代能楽集』新潮社

【関連記事】
新源氏物語

« サマリア(2016年、スペイン) | トップページ | ポケモンGO:狩る者と狩られる者(2016年、イギリス) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫「葵上」:

« サマリア(2016年、スペイン) | トップページ | ポケモンGO:狩る者と狩られる者(2016年、イギリス) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31