無料ブログはココログ

« 少年2人が人質(2013年、アメリカ) | トップページ | 【恐怖】アメリカで一番怖い心霊スポット行ったら映った(2017年、日本) »

吉川英治「雲霧閻魔帳」

あらすじ…盗賊・雲霧仁左衛門は捕えられて処刑を待つ身となる。だが、彼には気がかりがあった。それは、かつて盗みに入った先でレイプした女と、その女との間に産まれた子供の存在だった。

 物語の冒頭、五人の男が集まって兄弟分の盃を交わします。その中に本作の主人公(雲霧仁左衛門)もいて、ここから五人の活躍が描かれるのかと思いきや、次の場面では全員逮捕されていて、しかも雲霧以外は何の見せ場もなく消えて行きます。あの四人の存在意義って一体…。

 それから、物語の中盤で仁左衛門はいきなり釈放されます。これについて彼は、「なぜか、まるで見当がつかない」(P420)とありますが、私はピンと来ました。泳がせているな、と。

【参考文献】
『吉川英治歴史時代文庫75 治郎吉格子 名作短編集(一)』講談社

« 少年2人が人質(2013年、アメリカ) | トップページ | 【恐怖】アメリカで一番怖い心霊スポット行ったら映った(2017年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/71753563

この記事へのトラックバック一覧です: 吉川英治「雲霧閻魔帳」:

« 少年2人が人質(2013年、アメリカ) | トップページ | 【恐怖】アメリカで一番怖い心霊スポット行ったら映った(2017年、日本) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31