無料ブログはココログ

« 平成29年10月22日執行 衆議院選挙(目次) | トップページ | 『クレヨンしんちゃん 幸せを呼ぶ野原家のスマホ生活 Vol.特別号』ソフトバンク株式会社 »

点と線(1958年、日本)

監督:小林恒夫
出演:南広、山形勲、高峰三枝子、加藤嘉
原作:松本清張『点と線』
英題:The Dead End
備考:サスペンス

あらすじ…男女の死体が発見される。状況から見て心中かと思われたが、鳥飼刑事は男が所持していた食堂車のレシートが一人分になっているのを不審に感じる。

 原作は未読。後で調べてみるとテレビドラマ化もされているとのことですが、そちらも未見です。

 予告篇でも明らかにされているので言ってもネタバレにはならないと思いますが、死んだ男女は心中に見せかけた他殺です。ついでに言えば犯人の目星も早い段階で付き、その容疑者の「鉄壁のアリバイ」をいかに崩すかが中盤以降に描かれます。

 ところで、松本清張といえば時刻表を駆使したトリックが持ち味ですが、本作ではそれが遺憾なく発揮されています。時刻表をロクに見ない私なんかは作品内で説明されてもついて行けませんが、時刻表とにらめっこして進める作業はなかなか緻密で大変なものだというのはわかりました。

 最後に一つ。
 高峰三枝子のヤンデレ演技にはそそられるものがありました。

【松本清張原作映画】
霧の旗(1977年)
張込み(1978年)
無宿人別帳

« 平成29年10月22日執行 衆議院選挙(目次) | トップページ | 『クレヨンしんちゃん 幸せを呼ぶ野原家のスマホ生活 Vol.特別号』ソフトバンク株式会社 »

1950年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/71924728

この記事へのトラックバック一覧です: 点と線(1958年、日本):

« 平成29年10月22日執行 衆議院選挙(目次) | トップページ | 『クレヨンしんちゃん 幸せを呼ぶ野原家のスマホ生活 Vol.特別号』ソフトバンク株式会社 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31