無料ブログはココログ

« スランバー山の幽霊(1918年、アメリカ) | トップページ | 小松重男「桜田御用屋敷」 »

池波正太郎「晩春の夕暮れに」

あらすじ…春の夕刻、井戸端で身体を拭う百姓の女房の裸身を覗き見て、思わず突撃した大名は、減封国替の憂き目に遭うのだが……(裏表紙の紹介文より引用)

 主人公の大名の名は筒井土岐守忠親といいます。…土岐守? どうせ架空の人物だから適当に架空の官職名を付けたのだろうと思って調べてみたら、なんと実在の人物(井上正甫)がモデルになっているとか。とはいえ、実在のモデルがいようとも、筒井忠親が架空の人物であることに変わりはない。

【参考文献】
縄田一男選『迷君に候』新潮社

« スランバー山の幽霊(1918年、アメリカ) | トップページ | 小松重男「桜田御用屋敷」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/71473751

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「晩春の夕暮れに」:

« スランバー山の幽霊(1918年、アメリカ) | トップページ | 小松重男「桜田御用屋敷」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30