無料ブログはココログ

« 池波正太郎「晩春の夕暮れに」 | トップページ | シンデレラ(1911年、アメリカ) »

小松重男「桜田御用屋敷」

あらすじ…御庭番・川島真五郎の屋敷に、ある日突然、将軍・徳川家斉がお忍びでやってくる。

 ネタバレ防止のために結末は伏せますが、オチがひどすぎる。こういう終わらせ方もあるのかと驚きましたが、よくよく思い出してみると、コメディの世界ならばこういったこともありうるか。

【参考文献】
縄田一男選『迷君に候』新潮社

« 池波正太郎「晩春の夕暮れに」 | トップページ | シンデレラ(1911年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/71473765

この記事へのトラックバック一覧です: 小松重男「桜田御用屋敷」:

« 池波正太郎「晩春の夕暮れに」 | トップページ | シンデレラ(1911年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30