無料ブログはココログ

« アッシャー家の崩壊(1928年、アメリカ) | トップページ | 瀕死の探偵(1921年、イギリス) »

『奥多摩 日原鍾乳洞』日原鍾乳洞

 奥多摩の日原(にっぱら)鍾乳洞のパンフレット。
 巻末の「交通のご案内」にこんな記述があります。

■電車・バスをご利用の場合
 JR線奥多摩駅から西東京バスにて平日は、鍾乳洞行き(35分)徒歩3分。土曜・休日・8月は、東日原止まり(30分)徒歩25分。

 つまり8月以外の平日に行った方が、歩く距離が少なくて済むということです。尚、上記の引用文は日原鍾乳洞に辿り着くまでであり、鍾乳洞の中は中で色々と歩き回ることになるのでご注意を。

奥多摩 日原鍾乳洞

« アッシャー家の崩壊(1928年、アメリカ) | トップページ | 瀕死の探偵(1921年、イギリス) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/71595875

この記事へのトラックバック一覧です: 『奥多摩 日原鍾乳洞』日原鍾乳洞:

« アッシャー家の崩壊(1928年、アメリカ) | トップページ | 瀕死の探偵(1921年、イギリス) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31