無料ブログはココログ

« 『るるぶ特別編集 東京の農林水産業 東京の島々』公益財団法人 東京都農林水産振興財団 | トップページ | 『西武鉄道 かわら版 5 2017 VOL.300』西武鉄道 »

宮本武蔵(1944年、日本)

 この映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/BlZpfZ_BwdU

監督:溝口健二
出演:河原崎長十郎、中村翫右衛門、生島喜五郎、田中絹代
原作:菊池寛
備考:時代劇

あらすじ…宮本武蔵は吉岡一門と対決することになる。そんな時、武蔵のもとに野々宮姉弟がやってきて、親の仇を討つために入門を願い出る。吉岡一門を倒した武蔵は二人に稽古をつけてやるが、その様子を見ていた仇の兄弟は危機感を抱き、佐々木小次郎に助勢を頼み込む。

 この映画の宮本武蔵は求道者としてストイックな存在に描かれていますが、当時はこういうストイックな武蔵像が称揚されていたことを示しています。今だったらこんな「完璧超人」として描かれることはなく、もっと人間味を持たせるでしょうな。
 又、武蔵が野々宮姉弟に稽古を付ける際に「兵法は目だぞ。目の付け所は大きく広く」云々と説くのを見ると、観客にも戦いの心得を伝授しているように見受けられます。
 それから、武蔵が南朝の忠臣・楠正行(まさつら)を引き合いに出して大義を説くあたりにも戦争中のプロパガンダ臭がします(※)

 もちろんプロパガンダ要素を抜きにしても見所はあります。例えばストーリーはテンポよく進むし、宮本武蔵(河原崎長十郎)の背筋をピンと張った姿勢での殺陣は見ていて綺麗です。

※1944年は第二次世界大戦の真っ最中で、日本はアメリカと激戦を繰り広げていた。

« 『るるぶ特別編集 東京の農林水産業 東京の島々』公益財団法人 東京都農林水産振興財団 | トップページ | 『西武鉄道 かわら版 5 2017 VOL.300』西武鉄道 »

1940年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/71303032

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本武蔵(1944年、日本):

« 『るるぶ特別編集 東京の農林水産業 東京の島々』公益財団法人 東京都農林水産振興財団 | トップページ | 『西武鉄道 かわら版 5 2017 VOL.300』西武鉄道 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31