無料ブログはココログ

« サムライ映画トップ10(2016年、カナダ) | トップページ | スレンダーマン:夜の雪道(2017年、セルビア) »

有栖川有栖「未来人F」

あらすじ…二十面相が再び脱獄する。そして、「未来人F」と名乗る怪人物が国立博物館のお宝を盗み出すと犯行予告する。

 未来人F…?
「なんだ、また二十面相か」
 と思いましたが、今回は一ひねり入れてきました。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、こういった工夫はマンネリ打破のために必要なのでしょう。
 ただ、後半のメタ発言の連発については…まあ、二次創作だからこのくらいは許されるのかもしれません。

【参考文献】
有栖川有栖・歌野晶午・大崎梢・坂本司・平山夢明『みんなの少年探偵団2』ポプラ社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« サムライ映画トップ10(2016年、カナダ) | トップページ | スレンダーマン:夜の雪道(2017年、セルビア) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/70849715

この記事へのトラックバック一覧です: 有栖川有栖「未来人F」:

« サムライ映画トップ10(2016年、カナダ) | トップページ | スレンダーマン:夜の雪道(2017年、セルビア) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31