無料ブログはココログ

« ちょっと待って(2014年、アメリカ) | トップページ | 君を見ているよ(2013年、インド) »

平山夢明「溶解人間」

あらすじ…小林少年とポケット小僧が夜道を歩いていると、悲鳴が聞こえる。二人が駆け付けると、そこには溶解人間が!

「どうせまた二十面相だろ」
 と思って読むとひどい目に遭います。そもそも著者の平山夢明はホラー小説を得意としており、ネタバレ防止のために詳しくは明かせませんが、この作品でもそれが活かされていてホラー&スプラッター要素の強いものとなっています。ぶっちゃけ、グロ注意です。

【参考文献】
有栖川有栖・歌野晶午・大崎梢・坂本司・平山夢明『みんなの少年探偵団2』ポプラ社

【関連記事】
江戸川乱歩(目次)

« ちょっと待って(2014年、アメリカ) | トップページ | 君を見ているよ(2013年、インド) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/70849762

この記事へのトラックバック一覧です: 平山夢明「溶解人間」:

« ちょっと待って(2014年、アメリカ) | トップページ | 君を見ているよ(2013年、インド) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31