無料ブログはココログ

« バットマンがビッグマック10個に挑戦!(2015年、アメリカ) | トップページ | バスケットボールのトリックショット(2017年、アメリカ) »

野村行央『ロスト・グレイの静かな夜明け』集英社

あらすじ…不慮の事故に巻き込まれて亡くなった15歳の少女・アズサは、見知らぬ場所で目を覚ました。傍らにはカーゴと名乗る少年。そこは、心残りを抱えて亡くなった者がたどり着く“霧の壁”の向こうだという。知る人もいない世界で、再び“生きる”ことになったアズサ。しかし、そこは武器商人が権力を握る退廃的な町で?(裏表紙の紹介文より引用)

『ロスト・グレイの静かな夜明け』人物関係図

 ラノベの世界では「まれによくある」とされる異世界転生。本作でも主人公が異世界転生をするのですが、プロローグでアズサの両親が死んだアズサを“霧の壁”の向こう側へ送り出すくだりが出てくることから、異世界は異世界でも元の世界で少しは知られている世界ではある。

 さて、本作の主人公アズサは実に幸運と言わねばなりますまい。異世界転生をした初日に住むところを確保し、翌日にはウェイトレスの仕事を得たのですから。おそらくは主人公補正が入っているのでしょう。
 とはいえ、彼女は平凡な少女であり、戦闘が得意なわけでもなければ魔法が使えるわけでもなく、ましてやチートレベルの特殊スキルを所持しているわけでもない。
 となると、彼女ができることとなると限られてくるわけで、この後の展開でも…まあ、彼女は彼女なりに頑張っているんですけどね。

【参考文献】
野村行央『ロスト・グレイの静かな夜明け』集英社

« バットマンがビッグマック10個に挑戦!(2015年、アメリカ) | トップページ | バスケットボールのトリックショット(2017年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/70932826

この記事へのトラックバック一覧です: 野村行央『ロスト・グレイの静かな夜明け』集英社:

« バットマンがビッグマック10個に挑戦!(2015年、アメリカ) | トップページ | バスケットボールのトリックショット(2017年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31