無料ブログはココログ

« 菊池寛「仇討禁止令」 | トップページ | 尾崎一雄「玄関風呂」 »

三匹の侍(1964年、日本)

監督:五社英雄
出演:丹波哲郎、長門勇、平幹二朗、桑野みゆき、香山美子
備考:時代劇

あらすじ…浪人の柴左近は旅の途中、3人の農民が代官の娘・亜矢を水車小屋に監禁しているのにでくわす。話を聞いてみると、代官の松下宇左衛門が重税を課しているので、彼の娘を捕えて年貢の減免を強訴するのだという。

「三匹の侍」人物関係図

 テレビドラマ版の「三匹の侍」は未見。とはいえ、この映画では3人(柴左近、桜京十郎、
桔梗鋭之介)のファースト・コンタクトを描いているので、ドラマを観ていなくても(多分)大丈夫です。

 さて、この作品を観ていて感じたのは、殺陣(たて)が多いということです。クライマックスでは3人揃っての殺陣があるのはもちろんのこと、3人それぞれの単独での殺陣もあれば、モブ浪人同士の殺陣すらもあったりします。
 田舎の農村にしてはおそろしく殺伐としていますな。

 ちなみに面白いと思ったシーンを二つ挙げておきます。
 一つは水牢に入れられた柴左近が、生きた蛙を捕まえて食べるところです。これは泥臭い。
 それからもう一つは、クライマックスの戦いの時、桔梗鋭之介が柴左近に、
「俺はお前が好きだ」
 とコクるくだりです。しかもコクられた方も満更でもない反応を見せています。ウホッ。

« 菊池寛「仇討禁止令」 | トップページ | 尾崎一雄「玄関風呂」 »

1960年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/70542149

この記事へのトラックバック一覧です: 三匹の侍(1964年、日本):

« 菊池寛「仇討禁止令」 | トップページ | 尾崎一雄「玄関風呂」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31