無料ブログはココログ

« 13日の金曜日:ヒギンズ山荘への道(2016年、カナダ) | トップページ | 13日の金曜日&ハロウィン:無言(2016年、アメリカ) »

池波正太郎「紅炎」

あらすじ…毛利勝永は関ヶ原の戦いで西軍に与し、父の吉成と共に土佐へ配流される。そして勝永はそこで結婚して子供をもうける。やがて大坂の情勢が緊迫し、勝永は大坂方へ着く。

「紅炎」人物関係図

 大坂の役の敗軍の将の中では、真田幸村や後藤又兵衛に較べればいささか知名度が劣る、というのが私の毛利勝永に対する印象です。子供がいたのは知らなかったな。

【参考文献】
池波正太郎『黒幕』新潮社

« 13日の金曜日:ヒギンズ山荘への道(2016年、カナダ) | トップページ | 13日の金曜日&ハロウィン:無言(2016年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/70542220

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「紅炎」:

« 13日の金曜日:ヒギンズ山荘への道(2016年、カナダ) | トップページ | 13日の金曜日&ハロウィン:無言(2016年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31