無料ブログはココログ

« 地獄からの自撮り(2015年、ドイツ) | トップページ | 南オンタリオの嵐(2011年カナダ) »

池波正太郎「猛婦」

あらすじ…お津那は夫を殺した谷七九郎を討とうとするが、七九郎は従容として自分の左腕を切り落とさせる。

「猛婦」人物関係図

 この後、二人がどうなったのかというと…ネタバレ防止のために伏せますが、これは武家の義理を考えるととんでもないことになったぞと思わざるをえない。
 とはいえ、猛婦・お津那にとってはそれくらいやってのけてしまう強さがあったのでしょう。

【参考文献】
池波正太郎『黒幕』新潮社

« 地獄からの自撮り(2015年、ドイツ) | トップページ | 南オンタリオの嵐(2011年カナダ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/70542210

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎「猛婦」:

« 地獄からの自撮り(2015年、ドイツ) | トップページ | 南オンタリオの嵐(2011年カナダ) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31