無料ブログはココログ

« 『Shinagawa Prince Hotel Guide MAP&INFORMATION』品川プリンスホテル | トップページ | エラリイ・クイーン『Zの悲劇』早川書房 »

殺人鬼の夜(2016年、アメリカ)

 この自主制作映画は、Vimeoで観ました。
https://vimeo.com/127454533

 YouTubeでも観られます。
https://youtu.be/h-nSs0dMDew

監督:シャント・ハマシャン
出演:リリー・バーリナ、スコット・ジェイヴォア、アダム・レイサー
原題:Night of the Slasher
備考:スプラッターホラー、微エロ注意

あらすじ…若い女性がホラー映画で犯すことになる罪を全部やってみようとする。

 備考の欄で「微エロ注意」と書いたのは、冒頭に女性が赤パンツ丸出しで踊るからです。しかもカメラアングルが明らかに見せつけていて、まるで視聴者を誘っているかのようです。いいぞもっとやれ。

 ちなみに彼女がやろうとしている「罪」は以下の通り。

・半裸で踊る
・ビールを飲む
・クスリをやる
・セックスをする

 彼女はこれらの罪を犯すことで殺人鬼登場のフラグを立てて、殺人鬼を「召喚」しようとしたんじゃないかと推測いたします。

【令和3年11月13日追記】
 改めて作品を見直したら、殺人鬼のマスクが「スタートレック」のスポックだということに気付きました。映画「ハロウィン」の殺人鬼マイケル・マイヤーズが同じく「スタートレック」のカーク船長のマスクをかぶっていることから、こちらの殺人鬼はマイケル・マイヤーズのパロディであることがうかがえます。
 それから、セリフを訳してみました。

【拙訳】
男「言われた通り酒を持ってきたぞ…って、着替えの途中だったかな?」
男「うわあ、ペース落ちないね。ああ、これもどうぞ。ほら、おしゃべりしたい友達が数人いる…わけないか。ビール瓶、片付けておくよ」
男「いや、いい。俺はやらないんだ。なあ、ジャネル、俺今夜ここにいるのが本当に幸運だと感じてるよ。学校の女の子たちの多くは俺なんか興味ないし。俺のこと3歳のガキみたいだって言う奴もいる。賛同するかわからないが。君も俺のこと興味なかったよね、事故に遭うまでは。傷と首のことで学校の連中から疎外されていることは知ってる。でも俺はそうじゃない。君が何をしようとしているのか知らない。もう君に自分の心を失ってほしくないんだ。お望みとあれば、俺はここにいるから」
父「ただいまー」
母「あの娘どこかしら」
父「さあな。知りたいものだね。男と一緒にいたら、そいつをブッ殺してやるさ」
母「あら、ソファーにいるわ」
父「やあ、いい夜だね」
ジャネル「そうね」

« 『Shinagawa Prince Hotel Guide MAP&INFORMATION』品川プリンスホテル | トップページ | エラリイ・クイーン『Zの悲劇』早川書房 »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺人鬼の夜(2016年、アメリカ):

« 『Shinagawa Prince Hotel Guide MAP&INFORMATION』品川プリンスホテル | トップページ | エラリイ・クイーン『Zの悲劇』早川書房 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31