無料ブログはココログ

« 神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル | トップページ | 『アリオーゾ Vol.15』上智大学 »

もしも映画のキャラが薬物中毒だったら(2014年、アメリカ)

 この自主制作映画は、YouTubeで観ました。
https://youtu.be/WFO-twUguOQ

出演:イアン・ヘコックス、アンソニー・パディラ、ブライアン・マーシャル
原題:MOVIES ON DRUGS
備考:パロディ

 少々調べてみたところ、元ネタの映画は以下の通り。元ネタがわからない場合は面白味が減ると思われるので、作品の視聴前に下記リストをチェックしておくといいかもしれません。

(1)スパイダーマン
(2)ロッキー
(3)タイタニック
(4)アベンジャーズ
(5)きみに読む物語
(6)バットマン
(7)きっと、星のせいじゃない。
(8)プレデター
(9)28日後...
(10)バットマン

 (6)と(10)が重複していますが、これはバットマンが2回登場しただけです。バットマンは使いやすい(視聴者もすぐにわかる)という利点があるものと思われます。
 それから、(2)と(3)は下ネタ注意。特に(2)はホモネタ(ロッキー×アポロ)です。

【関連記事】
バットマン(目次)

バットマン

« 神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル | トップページ | 『アリオーゾ Vol.15』上智大学 »

自主制作映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/69100448

この記事へのトラックバック一覧です: もしも映画のキャラが薬物中毒だったら(2014年、アメリカ):

« 神田古本まつり・神保町ブックフェスティバル | トップページ | 『アリオーゾ Vol.15』上智大学 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30