無料ブログはココログ

« レゴ・スター・ウォーズ:ボバ・フェットのポケモンGO(2016年、ポーランド) | トップページ | 映画の殺人鬼トップ10(2016年、アメリカ) »

西村誠『家康が毒殺した10人の武将』双葉社

 本書において、徳川家康が毒殺したとされる10人は以下の通り。

・堀秀政
・豊臣秀長
・蒲生氏郷
・前田利家
・黒田官兵衛
・結城秀康
・真田昌幸
・加藤清正
・池田輝政
・浅野幸長

 ただし、家康が毒殺したという証拠も証言もなく(※)、著者(西村誠)の推測だけで筆を進めています。
 前田利家、黒田官兵衛、真田昌幸は高齢だったから寿命が尽きたのだと見ることができるし、豊臣秀長、加藤清正、浅野幸長は病気を患っていたのだから病死じゃないですかね。
 ちなみに著者は石川数正について、「享年六十一だったというが、老衰という歳でもない。」(P79)などと述べていますが、当時の平均寿命は現代よりも短く(それこそ「人間五十年」の世界だ!)、これでも長生きした方ですぞ。

※加藤清正の毒饅頭ならば、噂レベルで存在する。ただし、飽くまで噂レベルなので、せいぜい時代小説や時代劇で採用されるのが関の山。

【参考文献】
西村誠『家康が毒殺した10人の武将』双葉社

« レゴ・スター・ウォーズ:ボバ・フェットのポケモンGO(2016年、ポーランド) | トップページ | 映画の殺人鬼トップ10(2016年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/68607934

この記事へのトラックバック一覧です: 西村誠『家康が毒殺した10人の武将』双葉社:

« レゴ・スター・ウォーズ:ボバ・フェットのポケモンGO(2016年、ポーランド) | トップページ | 映画の殺人鬼トップ10(2016年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31