無料ブログはココログ

« 『ちちぶ映画祭2016』西武鉄道 | トップページ | 『TOKYO METRO NEWS 2016 9』東京メトロ »

霧の旗(1977年、日本)

監督:西村克己
出演:山口百恵、三浦友和、三國連太郎、関口宏
原作:松本清張『霧の旗』
備考:リーガル・サスペンス

あらすじ…北九州の小倉のタイピスト・柳田桐子は、金貸しの老婆殺害の容疑で逮捕された兄の弁護を、高名な弁護士の大塚欽三に依頼するものの断わられてしまう。やがて兄は獄死し、桐子は大塚欽三に復讐しようとする。

「霧の旗」人物関係図

 調べてみて驚いたのですが、「霧の旗」はテレビドラマとして何度も何度も映像化されています。ですので、読者の中にはドラマの放送をご覧になった方もいらっしゃることでしょう。
 ちなみに私の場合、「霧の旗」を観た記憶はありません。原作も未読です。

 さて、今回取り上げる1977年版映画の特徴の一つとして、主人公の柳田桐子を山口百恵が演じている、ということが挙げられます。なるほど、美人だ。
 しかしながら、柳田桐子という、不幸を背負い込んで憎悪と翳を抱えている女性を演じるには、山口百恵は美人すぎるし華もありすぎるように見受けられます。役に対して美人すぎる、というのは、同じ松本清張原作の「張込み」の吉永小百合と共通しているなと思いました。
 とはいえ、彼女の決して長いとは言えない芸能キャリアの中で珍しくも悪女を演じているのがこの作品であり、それはそれで貴重です。特に警察の事情聴取で虚偽の供述をしているくだりなんかは、いい味出してます。おじさん手玉に取られちゃいそうですわ。

« 『ちちぶ映画祭2016』西武鉄道 | トップページ | 『TOKYO METRO NEWS 2016 9』東京メトロ »

1970年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/68522507

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の旗(1977年、日本):

« 『ちちぶ映画祭2016』西武鉄道 | トップページ | 『TOKYO METRO NEWS 2016 9』東京メトロ »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31