無料ブログはココログ

« スター・ウォーズ・ベアーズ:ライトセーバー戦(2016年、カナダ) | トップページ | ハロウィン:目覚め(2009年、イギリス) »

アーサー・コナン・ドイル「赤毛連盟」

あらすじ…シャーロック・ホームズは赤毛のジェイブズ・ウィルソンから奇妙な相談を受ける。彼は赤毛連盟なるものに加盟していたのだが、それが突如解散したというのだ。

 巻末の解説(文・大橋洋一)によると、

「赤毛連盟」では、犯人像からゲイ的要素が発散している。(P321)

 とのこと。
 ただ、私はノンケなのでホモセンサー(ホモを感知する能力)は本物のホモや腐女子ほど発達しておらず、残念ながらそれを感じ取ることはできませんでした。
 しかし、フロイト的解釈をするならば、どうだろう? 犯人の男たちがトンネルを掘るというのは男色行為(オカマを掘る)を連想させます。又、フロイト的解釈では黄金=大便であり、掘った先に金(きん)があるのは肛門性交の隠喩(メタファー)だと解釈できます。
 うん、これならホモ小説として読めなくもないぞ。

【参考文献】
A.C.ドイル、H.メルヴィルほか『クィア短編小説集 名づけえぬ欲望の物語』平凡社

【関連記事】
シャーロック・ホームズ(目次)

« スター・ウォーズ・ベアーズ:ライトセーバー戦(2016年、カナダ) | トップページ | ハロウィン:目覚め(2009年、イギリス) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/68928257

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・コナン・ドイル「赤毛連盟」:

« スター・ウォーズ・ベアーズ:ライトセーバー戦(2016年、カナダ) | トップページ | ハロウィン:目覚め(2009年、イギリス) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31