無料ブログはココログ

« 『ODAKYU VOICE home vol.64 2016 8月号』小田急電鉄 | トップページ | 『Ugo Pan 第43号 2016』国士舘大学 »

ベンガルの槍騎兵(1935年、アメリカ)

監督:ヘンリー・ハサウェイ
出演:ゲイリー・クーパー、フランチョット・トーン、リチャード・クロムウェル、ガイ・スタンディング、モンテ・ブルー
原題:The Lives of a Bengal Lancer
原作:フランシス・イエーツ・ブラウン
備考:CLASSIC MOVIES COLLECTION

あらすじ…デルヒに駐在の英国の槍騎兵隊第41連隊はストーン大佐の統率下に凶暴なアフリディ族討伐の任務に当たっていた。大佐の部下で豪勇なマグレガー中尉は落ち着いた大佐の態度が気に入らず、猪突の勇を揮っては常に大佐を苦笑させていた。連隊に2人の新任将校が来た。フォーサイス中尉と大佐の令息ドナルド・ストーン中尉であった。(パッケージの紹介文より引用)

「ベンガルの槍騎兵」人物関係図

 物語の中盤で連隊が猪狩りを催す場所は「ゴーバル」とされていますが、映画の中では「Gopal」と表記してあったので、ここでは「ゴーパル」とさせていただきます。
 さて、物語の舞台はイギリス支配下のインドですが、エミールやモハメッド・カーンといった名前はイスラム系であり、場所も今のパキスタンに近い。そういえばインドがイギリスから独立した後、更にインドからムスリムの多いパキスタンが分離独立したから、当時あのあたりも英領インドでしたっけ。

 ちなみに、人物関係図の左下に出てくる謎の美女ターニアは、簡単に言うとハニートラップです。いわば、マタ・ハリ(※)の後輩といったところでしょうか。
 それから、父親のエミールがイギリスに対して友好的なのに、息子のモハメッド・カーンがイギリスに敵対している件について。愚考するに、エミールは実はタヌキオヤジで、今のところは友好を維持しているだけで、裏では…ということも考えられます。狡猾な政治家ならば、その程度の謀略に手を染めていても不思議ではあるまい。
 最後に、モハメッド・カーンについて。インド独立を目指すのは結構ですが、ちょっと急ぎすぎているという感が否めない。戦いに必要なのは銃弾だけではないし、更に言えば独立戦争を仕掛けるのならば戦う相手は槍騎兵隊第41連隊のみならず、他のイギリス軍や地元の親英勢力の軍隊とも戦わねばならない。共に戦ってくれる「同志」が欲しいところです。

※第一次世界大戦中に処刑された女スパイ。

« 『ODAKYU VOICE home vol.64 2016 8月号』小田急電鉄 | トップページ | 『Ugo Pan 第43号 2016』国士舘大学 »

1930年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/67749234

この記事へのトラックバック一覧です: ベンガルの槍騎兵(1935年、アメリカ):

« 『ODAKYU VOICE home vol.64 2016 8月号』小田急電鉄 | トップページ | 『Ugo Pan 第43号 2016』国士舘大学 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30