無料ブログはココログ

« 午前3時(2015年、インド) | トップページ | ブラックキャット:危機一髪(2014年、フィンランド) »

向井湘吾「指数犬」

あらすじ…少年探偵団の井上一郎はある日、謎の老人から魔法の犬を貰う。その犬は一晩で二匹に、二晩で四匹にと、どんどん二倍に増えてゆくものだった…。

 探偵小説で「魔法」が出てきたらそれは本物の魔法じゃなくて、魔法に見せかけた何らかのトリックを使っている、と相場が決まっています。本作の魔法の犬もまた然り。
 それから、老人の正体もすぐにわかってしまいました。おそらく、井上一郎・野呂一平の相談を受けた小林少年もすぐにピンと来たことでしょう。

【参考文献】
万城目学・湊かなえ・小路幸也・向井湘吾・藤谷治『みんなの少年探偵団』ポプラ社

« 午前3時(2015年、インド) | トップページ | ブラックキャット:危機一髪(2014年、フィンランド) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/67127908

この記事へのトラックバック一覧です: 向井湘吾「指数犬」:

« 午前3時(2015年、インド) | トップページ | ブラックキャット:危機一髪(2014年、フィンランド) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31