無料ブログはココログ

« バーレスク:バニー・ビー(2013年、アメリカ) | トップページ | 英雄日記:バットマン2(2013年、アメリカ) »

湊かなえ「少女探偵団」

あらすじ…傷心の少女カスミは山口県の海辺の町の祖父母の家を訪れる。そして祖母から、子供時代に体験した冒険談を聞く。

 中盤で祖母の冒険談が語られるという、話中話の構造になっています。
 で、その話の中で小林芳雄(※)が登場したときに私は、「あ、こいつは仕事で来たな」と感付きました。更に、ホテルで宝石を展示するという話が出た時には「あいつが狙ってるんだな」と察した次第。それくらい王道を行く展開です。

※少年探偵団の団長。いわゆる小林少年。

【参考文献】
万城目学・湊かなえ・小路幸也・向井湘吾・藤谷治『みんなの少年探偵団』ポプラ社

« バーレスク:バニー・ビー(2013年、アメリカ) | トップページ | 英雄日記:バットマン2(2013年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/67127869

この記事へのトラックバック一覧です: 湊かなえ「少女探偵団」:

« バーレスク:バニー・ビー(2013年、アメリカ) | トップページ | 英雄日記:バットマン2(2013年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31