無料ブログはココログ

« バットマン:手品(2013年、アメリカ) | トップページ | 第二次世界大戦:雑な日(2015年、アメリカ) »

武者小路実篤「空想」

あらすじ…兄妹が、兄の絵に対する世間の批評について会話する。

 最後の一行で笑っちゃいました。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、タイトルの意味はこれかと納得した次第。

 それはさておき、兄妹の会話は批評に対する批評とも言うべきもので、これは何かを批評したものでさえも批評の対象になりうる、ということを示しています。
 かくいう私も当ブログで映画だの本だのを批評しているから、他人事じゃない。

【参考文献】
小川洋子編著『小川洋子の陶酔短篇箱』河出書房新社

« バットマン:手品(2013年、アメリカ) | トップページ | 第二次世界大戦:雑な日(2015年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/67058544

この記事へのトラックバック一覧です: 武者小路実篤「空想」:

« バットマン:手品(2013年、アメリカ) | トップページ | 第二次世界大戦:雑な日(2015年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30