無料ブログはココログ

« 英雄日記:バットマン2(2013年、アメリカ) | トップページ | 午前3時(2015年、インド) »

小路幸也「東京の探偵たち」

あらすじ…探偵事務所の調査員・オサムは依頼人がまるで吸血鬼に襲われたような奇妙な事態になったと所長に報告したところ、小林芳雄のところへ相談に行かされる。

「東京の探偵たち」人物関係図

 主人公のオサムは「中卒」(P123)で年齢は「二十五」(P143)。学歴の無さと経験の無さから知識が圧倒的に不足しており、明智小五郎の名前を聞いても「どっかで聞いたよな」(P127)といった体たらく。
 しかし、「知識のある読者」なら「そういうことか」とわかる仕組みになっています。ネタバレ防止のために詳細は伏せますが、物語の最後で貴子(ババア)がトランプを使わなくても犯人の特定余裕でした。

【参考文献】
万城目学・湊かなえ・小路幸也・向井湘吾・藤谷治『みんなの少年探偵団』ポプラ社

« 英雄日記:バットマン2(2013年、アメリカ) | トップページ | 午前3時(2015年、インド) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/67127892

この記事へのトラックバック一覧です: 小路幸也「東京の探偵たち」:

« 英雄日記:バットマン2(2013年、アメリカ) | トップページ | 午前3時(2015年、インド) »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30