無料ブログはココログ

« ダース・モール:練習生(2016年、ドイツ) | トップページ | 【選挙フェス】鎮座DOPENESS フリースタイル 三宅洋平応援【7月4日@立川】(2016年、日本) »

『鉄道博物館の歩き方 2016春』鉄道博物館

 大宮の鉄道博物館は入館料1000円(大人)で「一日いても飽きることがない」(P1)というのは、娯楽としてはコスパがいいと言えます。
 とはいえ、D51の運転シミュレータなどの有料サービスもあるし、飲食やお土産もあるから、入館料だけでは収まらない。人によっては結構な出費になりそうです。

鉄道博物館の歩き方 2016春

« ダース・モール:練習生(2016年、ドイツ) | トップページ | 【選挙フェス】鎮座DOPENESS フリースタイル 三宅洋平応援【7月4日@立川】(2016年、日本) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/66395173

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄道博物館の歩き方 2016春』鉄道博物館:

« ダース・モール:練習生(2016年、ドイツ) | トップページ | 【選挙フェス】鎮座DOPENESS フリースタイル 三宅洋平応援【7月4日@立川】(2016年、日本) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31