無料ブログはココログ

« お岩さんの墓(妙行寺) | トップページ | 『Pacoma 5 2016 第220号』株式会社日宣 »

真夜中の虹(1998年、フィンランド)

監督:アキ・カウリスマキ
出演:トゥロ・パヤラ、スサンナ・ハーヴィスト、マッティ・ペロンパー、エートゥ・ヒルカモ
原題:Ariel

あらすじ…炭鉱の閉山で失業したカスリネンは南へ向かう。

「真夜中の虹」人物関係図

 「ハムレット・ゴーズ・ビジネス」と「真夜中の虹」がセットになっているDVDをレンタルビデオで借りたのですが、私の目当ては完全に前者の方で、後者は料金がもったいないからという理由で、もののついでに視聴しました。
 で、視聴した感想なんですが、これ単独で借りて観ようとは思わないし、テレビでやっていても多分観ないだろうな、といったものです。
 全体的に貧乏臭いのはまだいいとして、カスリネンとイルマリが出会ってから結ばれるのが早いし、母親がいきなり新しい男を連れ込んできたのにリキは(少なくとも表面的には)あっさり受け入れるし、何より主人公のカスリネンの髪形が若い頃の志村けんに似ているし…って、それはどうでもいいか。

« お岩さんの墓(妙行寺) | トップページ | 『Pacoma 5 2016 第220号』株式会社日宣 »

1990年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/65226101

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の虹(1998年、フィンランド):

« お岩さんの墓(妙行寺) | トップページ | 『Pacoma 5 2016 第220号』株式会社日宣 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31