無料ブログはココログ

« ジョーカーのブログ:(16)あと3分(2010年、アメリカ) | トップページ | ジョーカーのブログ:(17)ショットガン・ウェディング(2010年、アメリカ) »

ロバート・ファン・ヒューリック「通臂猿の朝」

あらすじ…ある朝、ディー判事はテナガザルが瑟瑟(エメラルド)の指輪を持っているのを発見する。ディー判事が指輪を回収して持ち主を探してみると、山中の小屋の中で惨殺死体を発見する。

 通臂猿とはテナガザルのことで、本書P18のイラストに登場します。ただし、テナガザルが登場するのはこの冒頭の部分だけで、後は殺人事件の捜査となります。もちろん、犯人は猿じゃない(死因を見るに、テナガザルでは犯行は不可能)のでご安心を。

【参考文献】
ロバート・ファン・ヒューリック『寅申の刻』早川書房

« ジョーカーのブログ:(16)あと3分(2010年、アメリカ) | トップページ | ジョーカーのブログ:(17)ショットガン・ウェディング(2010年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/65533799

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・ファン・ヒューリック「通臂猿の朝」:

« ジョーカーのブログ:(16)あと3分(2010年、アメリカ) | トップページ | ジョーカーのブログ:(17)ショットガン・ウェディング(2010年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30