無料ブログはココログ

« ジョーカーのブログ:(17)ショットガン・ウェディング(2010年、アメリカ) | トップページ | ジョーカーのブログ:(18)ニュース番組(2010年、アメリカ) »

ロバート・ファン・ヒューリック「飛虎の夜」

あらすじ…洪水で増水して陸の孤島と化した場所に閉じ込められたディー判事。しかもそこには、飛虎盗賊団もいた。

「飛虎の夜」人物関係図

 盗賊団と対決するというのならば、ディー判事シリーズの中では異色作になるのかもしれません。ところがどっこい、舞台となる田舎屋敷にはディー判事向けの謎解きが待ち構えています。

(1)消えた黄金はどこへ行った?
(2)閔誘友は病死とされているがそれは本当だろうか? もしも他殺なら犯人は誰か?
(3)行方不明の紫苑はどこへ行った?

 なるほど、これなら推理小説っぽいぞ。
 尚、本作は時系列的には『北雪の釘』の直後であり、『北雪の釘』の部分的なネタバレが出てきます(P114)。ご注意を。

【参考文献】
ロバート・ファン・ヒューリック『寅申の刻』早川書房

« ジョーカーのブログ:(17)ショットガン・ウェディング(2010年、アメリカ) | トップページ | ジョーカーのブログ:(18)ニュース番組(2010年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/65533814

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・ファン・ヒューリック「飛虎の夜」:

« ジョーカーのブログ:(17)ショットガン・ウェディング(2010年、アメリカ) | トップページ | ジョーカーのブログ:(18)ニュース番組(2010年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31