無料ブログはココログ

« バットマン:悪夢の子供(2014年、イギリス) | トップページ | バットマン:私がバットマンだ(2013年、アメリカ) »

曾野綾子「長い暗い冬」

あらすじ…商事会社勤務の石山は、一人息子の光之と一緒に北国に住んでいた。そんなある時、旧友で精神科医の柳井が訪ねてくる。

「長い暗い冬」人物関係図

 とにかく気が滅入る。暗くて寒くて陰鬱です。
 ただ一つ救いがあるとすれば、精神科医の柳井を登場させて解明の光を当てている、ということでしょうか。

【参考文献】
筒井康隆編『異形の白昼 恐怖小説集』筑摩書房

« バットマン:悪夢の子供(2014年、イギリス) | トップページ | バットマン:私がバットマンだ(2013年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/64479888

この記事へのトラックバック一覧です: 曾野綾子「長い暗い冬」:

« バットマン:悪夢の子供(2014年、イギリス) | トップページ | バットマン:私がバットマンだ(2013年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31